満腹食べても太らない夜食7選


おなかいっぱい食べても太りにくい食事食材例は以下の通りです。

1.鶏肉(皮なし)

2.野菜スープ

3.きのこ類

4.海藻類(わかめ、めかぶ、もずくなど)

5.豆製品(納豆、豆腐、味噌など)

6.こんにゃく系(しらたきなど)

7.いか、タコ、貝類


ただし、これらの食材をやみくもに食べていただけでは太ってしまいます。ご自身の目標摂取カロリー内にコントロールすることが大切です。

ご自身に適した摂取カロリーがわからないという方は、以下より簡単に計算できます。
 

 

満腹食べても太らない食事ポイント

1.高タンパク低カロリーなもの


タンパク質を摂取した時はそれ意外の栄養素を摂取した場合より、じっとしていても消費エネルギーが稼ぎやすくなります。さらに低カロリーも意識できるとベターです。

鶏肉はもちろんのこと、いかやたこも脂質が低いのでオススメです。ヨーグルトはギリシャヨーグルトを選ぶと通常のものよりタンパク質量がグッとアップします。
 

2. あたたかいもの


からだが冷えると、臓器の働きが鈍くなり基礎代謝の低下につながります。

また、人の消化機能は20時ころをピークに下がっていきます。夜はなるべくあたたかいものやからだを温めてくれる成分を含んだ食材を意識して摂取しましょう。

ちなみに、コーヒーやお酒は体を冷やすと言われているので摂取は控えてくださいね。
 

3.消化によいもの

消化機能が落ちてくる20時以降は胃腸に負担をかけないよう、胃腸に優しく消化にいいものを食べるようにしましょう。

さらに、しらたき、きのこ、めかぶ、もずくなどは食物繊維が含まれているため腸内環境も整えてくれる働きがあります。

 

マッスルデリで、夜食も美味しくヘルシーに!

今回の記事では夜食におすすめの食材をご紹介してきました。しかし、仕事や家事などで忙しい人にとっては、夜食だけでなく日々の食事を準備するのが負担になってしまうことも。

そんな方におすすめなのが、マッスルデリです。マッスルデリは、高タンパク質・低カロリーな食事を毎食お手軽に楽しめるサービスです。
 

マッスルデリが夜食におすすめな理由

  • 高タンパク質・低カロリー

マッスルデリは鶏むね肉や魚介類など、高タンパク質・低カロリーな食材をたっぷり使用しています。夜食としても罪悪感なく、しっかり栄養補給できます。

  • 50種類以上※の豊富なメニュー

和食、洋食、中華など、様々なジャンルのメニューからお好みのメニューを選べるコースもご用意。毎日食べても飽きずに続けやすいのもうれしいポイントです。
※記事掲載時点

  • レンジで温めるだけ

冷凍庫から取り出してレンジで温めるだけで、すぐに食べられます。忙しい日の夜でも、手軽に夜食を用意できます。

  • 栄養バランス抜群

マッスルデリは管理栄養士が栄養監修をしています。たんぱく質だけでなく、摂取カロリーや脂質などの栄養素も考えて作られているため、安心してお召し上がりいただけます。


 

マッスルデリで夜食におすすめのメニュー


具だくさんトムヤムセット

鶏肉やエビがごろっと入ったタイの定番料理トムヤムスープ。舌をくすぐる辛さとトムヤムペーストの独特なうま味で、アジアの風味広がるやみつきの一品です。副菜には、食べ応えのある軟骨入り肉団子の塩炒めと玄米ごはんを。


デミグラス仕立てのボロネーゼセット

風味異なる3種のソースのコクと旨みが溶けあう、贅沢な味わいのボロネーゼ。鶏ひき肉で脂質を抑えながらも、牛肉でコクを出したミートソースを使用することでヘルシーかつ濃厚な一皿に仕上げました。副菜には鶏肉とインゲンの甘辛炒め、きのことピーマンのマリネを。


豚もも肉のスタミナ炒めセット

ヘルシーな豚もも肉の旨さをおろしにんにくや味噌で引きだしたガッツリ系の一皿「豚もも肉のスタミナ炒めセット」。にんにくの芽を食感と彩りのアクセントに添えたスタミナ炒めは、疲れた時でも思わず笑顔になる美味しさです。生姜の優しい香りが舌を包みこむ、絹厚揚げの鶏そぼろあんかけもぜひ一緒にご賞味ください。


※上記メニューは在庫状況や食材の仕入れ状況により販売をお休みさせていただいている場合がございます。

その他メニュー詳細を見てみたい方は以下リンクよりご覧ください。

▼マッスルデリメニュー一覧
https://muscledeli.jp/shop/product_categories/md-lowfat
 

まとめ

夜食は太りやすいイメージがありますが、選び方や食べ方を工夫すれば、健康的に楽しむことができます。

本記事で紹介した食材やマッスルデリを活用して、健康的な食生活を送りましょう。